OBI-BAGとは?

お太鼓帯になる着せ替え布かばん『OBI-BAG』(おびばっぐ)。

「着物のお太鼓帯って、収容力ありそうだよね?」というところから着想を得て企画しました。
半幅帯を腰に巻いて帯締めやベルトで固定し、OBI-BAGを背負えばお太鼓の完成です。
肩紐がたすき掛けのように見えるのが気になるときは、ショールで隠してしまいましょう。

構成

OBI-BAGは本体である”OBI-BAG 2way”と、フタになる”OBI-BAG tote”の二種類の布バッグでできています。それぞれ単体でも使えます。

セッティング

  1. OBI-BAG 2wayには、中央にマグネットの仕込まれた細長い板が付属しています。これをOBI-BAG toteの奥に 差し込みます。
  2. OBI-BAG toteには、持ち手の付け根にボタンがついているタイプとついていないタイプがあります(ご注文時に選べます)。ボタンがついているタイプで セッティングします。
  3. OBI-BAG toteのボタンを、OBI-BAG 2wayの背面上部についているボタンホールにはめます。
  4. OBI-BAG toteの形を整えてOBI-BAG 2wayをくるむと、底の部分がパチンと閉じます。OBI-BAG 2wayの底板に仕込まれたマネットとOBI-BAG toteに差し込んだマグネットの力で閉じていますので、閉じない場合はマグネットの向きや位置を変えてみてください。
  5. 鞄のサイズは幅30cm、高さ25cm、底のマチが6cmです。12.9インチのiPad proがぴったり入る大きさです。

デザイン

toteのデザインは、たくさんあるほうが楽しい!
という思いから、今回はルーチカの外からデザイナーさんや作家さんをお招きしています。

◆ モフさんの宇宙機

スタイリッシュながらも和装にも合う宇宙機モチーフはモフさん( @moffmiyazaki )。20種類以上の各種宇宙機デザインから10種類を選び抜き、厚地の綿布に捺染しました。

◆ play on wordsのてぬぐい

toteのサイズがてぬぐいにぴったりだったので、伝統的な江戸注染で独特のモチーフのてぬぐいを作られるplay on wordsさんより、粘菌と富士山のてぬぐいを使わせていただきました。

◆ ルーチカのtote

ルーチカも捺染プリントで星図柄を、てぬぐいより結晶図のtoteを作りました。

toteの表裏で二種類の柄が出せます。
いろいろな柄のtoteをそろえて、お召し物の柄にあわせて着せ替えると楽しいですね。
かわり結び風の自作toteなどでさらにお洒落に楽しめそうです。

リュックとショルダー

2wayの帆布バッグは生成りと黒の二色展開。2wayだけつけるとこんな感じになります。
着物だけではなく洋装にも違和感なくお使いいただけます。
toteはA4のファイルがゆったり入るサイズですので、出先でパンフレットなどを受け取ったときにはtoteを外して個別に使うと便利そうです。

発売予定

2020年4月上旬に発売予定です。
4月3日(金)~5日(日)にデザインフェスタギャラリーにてお披露目イベントを計画していますが、感染症などの影響もあるため順次情報をお知らせします。

webでも同時に展示をお愉しみ&ご購入いただけるような企画も考えております。こちらのページやtwitterアカウント(@ruchkainfo)を是非チェックしてください。

GALLERY