光に透ける紙で作る、小さな星のペーパークラフトキットです。 キットの中には切り抜かれた12枚の紙片と、36枚の両面シール、そして組立て解説書が入っています。解説書どおりに紙を折り、シールを貼り、組み立てれば道具を使わずに完成します。

【組み立てのコツ】 折り目はきちんと折ってから組み立てると稜線がはっきりと出ます。 パーツごとの組み合わせや向きを間違えないように、あらかじめマスキングテープなどで仮留めしてから両面シールを貼るとうまくいきます。

【小星型十二面体について】 小星型十二面体はケプラーが最初に発見した正多面体の一つで、ケプラー・ポアンソの立体とも呼ばれます。小星型十二面体は正十二面体を星型化したものです。正二十面体を星型化した大星型十二面体と比較して「小」の名がつけられています。

【紙の色について】 白は定番色、水色は初回限定色です。水色の紙は生産終了品のため、次回以降の追加製造はありません。

【両面シールについて】 写真にあります青いシートは剥離シートです。はがすと透明な両面シールになります。黄色い台紙から青い剥離シートごとはがし、片面を紙に貼った後に、反対側の面の青いシートを剥がしてご利用ください。